岡山 登山 県北の山を一周?

岡山 登山

新庄村の金ヶ谷、朝鍋鷲ヶ山から東西粟倉の鍋ヶ谷、後山まで! 2010 Nov.23~25

岡山 登山 金ヶ谷

祝日の23日は生憎の雨模様、そんな中新庄村の山の駅の前の登山口から金ヶ谷山(かねがたにせん)を目指し登り始めた。岡山国体の登山競技会場として整備されたコースだそうだ。渓流沿いに歩いていくと左右の林が段々畑のようになっている。これは「たたら山内」の跡に違いないだろう。だって地名からして「金ヶ谷」なのだから。車が走行可能な林道が延々と続く、もちろん一般車は入っちゃいけないのだが、道を間違えたかと思いながらやっと登山口の立派な看板をみつける。ここからよく整備された道を1時間ほどがんばると毛無山からの縦走路に飛び出す。そこから右へしばらくがんばると写真の金ヶ谷山頂だが、稜線上の小ピークで展望もあまりない。雨のしょぼ降るなか「特上巻き寿司」で元気をつけた。

朝鍋鷲ヶ山縦走路をしだいに下りてゆく、落ち葉がつもって滑りそうだが慎重に進む。すこし開けた場所から次の目的地の朝鍋鷲ヶ山(あさなべわしがせん)頂上までのゆるやかな山容が見えた、あとすこしである。一踏ん張りするとそこに到着した、そしてそこでまったく想像しなかったものに出くわした。

クマじゃない!それはトラックだった。その濃い灰色の大きなトラックはどうやら自衛隊のものである。しかも隊員らしき人物が展望台の下で雨の中なにやら作業をしている。そのすこし華奢な迷彩服の人物は妙齢の女性であった。(ニ度びっくり)訓練中なのだろうということで、彼女と記念撮影することは遠慮して雨中の展望台に上り雲しか見えない事を確認し下りてくると、テントに入ってしまった。ほとんど人の気配がしないのは一人だったのだろうか?まあそんな野営訓練もなかろうが。

さて下りだが、車が上がってくるくらいだから当然林道が続いていた。登山道はないものかと探すが最後までなかった。実は山頂から三平山方面へしばらく行くと下りの登山道があるらしい、でもそれはかなり遠くに下りるようなので、この林道が今回の正解だった。舗装道路にでて右に下っていくと20分?ほどで野土路トンネル口にでる、そこからしばらくおりていくと出発地の山の駅に無事到着した。

翌々日には懲りずに岡山最高峰への挑戦となった。偶然なのか一昨日の出発地の新庄と今回の西粟倉はどちらも平成の大合併を拒否し独自路線を選択した「村(そん)」である。今日は駒ノ尾から後山への縦走を予定しているのでダルガ峰林道を若杉峠方面から登山口に向かった。

この登山道はよく整備されていて半分くらいは階段がつづく、家内曰く階段のほうがしんどい!約50分で駒ノ尾山頂に到着する、ここも石のベンチや眺望のための整備がよくされている。さてここから後山まで3.1kmの縦走路で、途中「鍋ヶ谷山」と「舟木山」という二つのピークが丁度約1000mごとにある。そこを休憩ふくめて1時間20分ほどで後山山頂に到着した。ここは兵庫県側からも登山道がありまたの名を「板場見山(いたばみやま)」とも呼ばれる。暫くの休憩のあと車の待つ登山口に向かった。このあたりの山ではよく鹿をみかける、今日もいたるところに鹿のふんがあるのですぐそばにいるはずなのだが、こちらは熊除けの鈴をチャランチャランいわしているので出くわす事は望めない。往復10kmを越える健脚コースであった。

さてここで気になるのは山名である。偶然岡山のはじっこの山頂を巡ったのだがそれが「金ヶ谷、朝鍋、鍋ヶ谷、後山」でいづれも「たたら」に語源を求められる。前ログでも述べたが、岡山中にたたらに関する地名が残っていると改めて感じたしだいである。

三原竹原の中間 黒滝山の絶景

黒滝山から瀬戸内海を見る
展望台より望む

この山は広島県竹原市忠海町の瀬戸内海を望む位置にある、奇岩屹立する標高266mのこの黒滝山には、観音堂や33体の石仏があり、登山遊歩道や頂上からの眺望はすばらしく、眼下には大久野島、芸予諸島、世界最長の斜張橋多々羅大橋、遠く四国連山を一望できる。山頂の観音堂は、天平年間(730)僧行基の創建と伝えられ観音堂内の十一面観音像は鎌倉時代の名作とか。

車を民家脇の坂道に停めて登り始める、どこにも案内板のようなものがないのでしかたなかったが、もう少し上にゆっくり停められる場所はあった。よく整備された道を登ること15分ほどで見晴らしの利く岩場にでる、ここから頂上付近がみえる、もう一息登るとしばらくで尾根にでる、右に行けば広場で大きな石碑があり、左に行けば黒滝山山頂であった。かわいらしい鎖場があって頂上の大岩にたどりつく。そこからの瀬戸内の景色は想像どおりのすばらしさである。

帰りは尾道と御調の中間あたりにある原田温泉の「ゆう神の湯」というなかなかひなびた温泉をみつけたのでいってみた。これがなかなかの掘り出し物で放射能泉の掛け流しのよいお風呂だ。わたくしランキングでも5本指にはいるお気に入り!また近々に訪れることにしよう。

瀬戸内海

角ガ仙は以外と……….

角ガ仙は以外と難しい 09-Spt. 17
角ガ仙登山口付近

ひさしぶりに岡山百山の未踏峰に挑戦することにした。本日の目的は岡山のマッターホルンこと角ガ仙(つのがせん)だ。津山院庄ICから北へ179号線を越畑へ向かうのだが本日は奥津経由笠菅峠まわりで越畑に到着した。ここから越畑キャンプ場(現在閉鎖)をめざして4~5分ゆくと駐車場である。登山口はキャンプ場の広場をつっきって調理棟の左奥にある。ほとんど人が来ていないせいか道がわかり難い。右の写真はよく紹介されている登山口付近の階段風景でいかにもよく整備されてわかりやすい印象があるが、実際にはそうでもない。

急勾配

かなりの急勾配で階段がつづく、すぐ息があがってしまう。しばらく登山もご無沙汰で心配していたが、そのとおり足が前にすすまない。山登りを始めた頃に戻ってしまっている、家内がどんどん先にいってしまう、きょうは笛も忘れてきた「お~~~い!」

普通、急勾配をすぎると緩斜面となるもんだがここはちがう、さすが「マッターホルン」だ、あまり人がこないのも理解ができる。1時間ほどやすみやすみ登っているうち、この苦しさにも慣れてきたようでなんとか足も動いている、やっと頂上の三角錐が見えた。ところがこのあたりからがまた一段ときびしかった。目の前に頂上がみえるのだが実はここから大きなアップダウンが続く、目の錯覚だ。横から見ると駱駝のこぶのように小さな山があるのだが、縦位置から見ると直線的に勾配が頂上までつづいているように見えた、繰り返しになるがここからが厳しかった。

頂上

1時間50分かかってついに頂上に立った、通常の参考所要時間にたいして30分は遅れたが無事登れたことがなによりである。さっそく「つるや」で仕入れた弁当で舌鼓をうち、一休み、やっと立ち上がる元気もでたところで記念撮影をしようと周りを見回すとびっくりするものを見つけた。角ガ仙の柱のうしろに寄せ書きされた布が枝に留められているのだが、なんとそれが保育園児のものであった。岡山市内の白鳩保育園のお泊り保育の登頂記念でもちろん大人がたくさんサポートしているにはちがいないが、「ここが県内で一二の険しさだ」と思っていた私には強烈なパンチであった。

白鳩保育園の寄せ書きの前で

富士山 ついに初登頂

富士山 に再チャレンジ 08 Aug.17

富士山

一昨年、須走口からトライした富士登山は8合5勺で見事敗退したのだが、今年表玄関ともいわれる「富士宮口」から挑戦した。お盆期間は直接車では行けないので途中の富士スカイラインの水の塚公園でバスに乗り換えることとなる。三島を4時すぎに出発、無事6時のバスに乗れた、やはりカーナビの威力はすごい。40分ほどで富士宮口新五合目に到着して早速登りはじめたのだが、これがあとで後悔することとなった。左の写真は、ご覧のとおりまだ草が生えているのでわかるようにまだ登り始めではるかかなたに頂上がかすんでみえる。富士山のきついのはつねに頂上やら次の山小屋が見えているにもかかわらず、全然たどりつかないことだとおもう。

今年はほとんど山登りをしていないので二人とも足に自信がない。でも「一度はやっつけとかないとね!」ということで前をむいてというか上を向いてというか下をむいてのぼってゆく。大変な人数が同時に登っているので追い越し、追い越されが延々とつづく。よっぽど慣れている人以外はほとんど同じスピードである。ずいぶん元気よく登っていったなあと思ってもしばらくするとへばって休んでいるところに追いつくことになる。なにしろマイペースが肝心のようだ。

富士山 山荘

富士山の特徴の一つだとおもうが、登山客がじつに国際色ゆたかである。これは岡山の中国山地ではまず経験できないことで、なかでも中国語の比率が相当に高い。中国語圏のどこから来ているのかはよくわからないが、「ジャッキーチェン」でおなじみの香港映画で聞き慣れた広東語ではないようなので中国のメインランドからが多いのかもしれない。それにすごく服などが垢抜けてたりして中国の若者も変わってきているのだと実感する。(日本に仕事か学校できているのか?)途中、休憩しているところで出会った、肌の浅黒い青年に話を少しきくと、企業研修でインドネシアからということだった。

8合目をすぎるのにゆうに3時間をこえてしまった。足取りがじょじょに重く、加えて頭も重くなってくる。勾配もすこしきつくなり、つづら折れの距離も短くなるのだが、一服する間隔もおなじように短くなってゆく。足元の石もだんだんおおきくなっていくようで、うまく対応できず、ふらつくことが多く谷側をゆくのが危険になってきた。やっとの思いで9合目の万年雪山荘に到着、残り1合だが、頂上はすぐそこにみえている。

富士山 浅間神社

しかしここから、思わぬ展開になってきた、あと1時間から半とおもったのだが家内の足がぴたっととまった。私より体重の軽い彼女はつねにペースをリードしてきたのだが、どうしたのだろうか?9合目半の胸突山荘をすぎてペースはますますおそくなってきた、聞くと「頭が痛い!」という、つまり高山病だ。さあ、どうする、問題はこれが重症で即リタイアすべきなのか、あるいは軽症なのか?じつは自分も頭痛はないものの目線を上方(頂上など)に向けると眩暈がする。ふとまわりを見るとあることに気が付いた。かなりの人がうつむいたままじっと立ち止まっている、どうやらみな同じ状態のようだ。「よし、もうひとふんばりがんばろう!」

午後1時、ついに山頂に到着!出発から6時間が経過していた。通常5時間から5時間半ということなのでまずまず許容範囲かな?浅間神社で御朱印を頂戴し、火口を一望する岩の上でしばらく休憩して体調の回復を図ることとした。実際の3776mの最高点はあと20分ほどさきの測候所なのだが、それは断念することにした。

頂上浅間大社奥宮

午後2時に下山を開始した、ここから4時間半、筆舌に尽くしがたい苦痛を味わうことになるのだが文字どおり書くのはやめておく、現在その痕跡として私の両足の爪ははげている、痛ったあ?!

富士火口

三徳山投入堂

三徳山投入堂 08-May

鳥取県三朝町の 三徳山投入堂 は一度はいってみなければと思っていた、奇観である。寺伝によれば、慶雲3年(706年)に役行者(えんのぎょうじゃ)が三枚のハスの花びらを散らし、「仏教に縁のある所に落ちるように」と祈ったところ、その一枚が三徳山(みとくさん)に落ち開山したと伝えられる修験道場ということだ。三朝町から奥に5kmほど車で登ってゆくと、すでに多くの観光客が行きかって賑わっている。一番奥の駐車場に止めて、さっそく食堂に入りそばで腹ごしらえをして寺に入山した。階段をしばらく登ると本堂に到着、さらに「投入堂」への登山のための入り口がある。靴のチェックと名前を記入していよいよ登山開始だ。

さすがに、今日は祝日のせいか大勢のひとが列をつくっている。われわれのように登山モードの人は少なく、普段着の人がほとんどである。なかには多分、ハイヒールできたに違いない若い女性もいる。じつは入り口で靴が不適切とされると、有料で「わらじ」を履かなければならないのだ。この「わらじ」がどうやらすべりにくいらしい。中途半端な運動靴ではよくすべるようで、慎重さにかける若い人がよく転倒していた。

三徳山投入堂

さすがに修験道場らしくきびしい登りがつづく、手を掛けて登る場所が多いのでお年寄りなどで、あきらめて帰る人もいる。情報として記しておくが、後半の鎖場以外では最初のあたりが一番きびしいので、ここだけのりきれば、あとはいけると思う。が、自信のない人はあきらめなさいという配慮なのかもしれない。

約40分で目的の「投入堂」に到着する。こんな絶壁にこんなものがというだけで「びっくり」であるが、実は以前、中国へ旅行した際「大同」でほとんど同様の懸空寺という寺が観光地としてあり、そのときはそのお堂の中に入れた経験があった。お参りをすませると下山であるが、もちろん下りの方が危険なのでゆっくりとおりる、登りとほぼ同じ時間で登山口に到着し無事「三徳山」登山は終了した。

大山を望む 毛無山

毛無山 08-Apr.29

かたくりの花

連休初日、鳥取との県境の毛無山に向かった。もしかすると岡山でもっとも人気のある山かもしれない、登山口が整備されているし、山道もよし景色よし、森もよしということだろう、大勢の登山客と出会う。数にして200人位で多くのカメラおじさんが含まれており片手にカメラを掲げて上り下りしていた。さらに元気なのは奥様軍団で「三平山から縦走してきた」と意気軒昂で、すでに6?7時間歩いているというから脱帽である。

今日は白馬山から毛無に廻るコースをとった、すると1時間ほどで白馬山頂の広場に到着したが、このあたりに片栗の花が群生していた。保護されているため踏んづけると怒られるので慎重に下を観て歩く。縦走路からみる右手が大山、左手に田浪の集落を見下ろして景色が広がる。40分ほどで毛無山頂に到着する。

毛無山は役の小角の開闢による修験道の山とされ、戦前まで女人禁制であったとのこと、「けなしがせん」と読む。「山」を「せん」と読むのは中国地方の特徴であるが、「せん」は呉音であり、長江流域の言葉と考えられる。さらに修験道の祖「役の小角」は実は神官の子なのである、神道と仏教を融合させた形が修験道であるが、それは神の邦である吉備で醸成され熊野に移行していったのではと想像する。つまり「せん」と読むこの地域で修験道もしくはその原点が生まれたのではというのが私の説だ。

毛無山から南を望む

山頂からはすこし霞んではいるが大山の全容が見える、そしてまだ雪をかぶっている。下山は1時間5分、この時間に登る人もおらず誰ともすれ違わなかった。駐車場には我々の車だけであった。

仏ヶ山に再挑戦 蒜山 は古代湖だった

仏ヶ山に再挑戦、蒜山 は古代湖だった 08-Apr.15

仏ヶ山から鳥取を望む

仏ヶ山は 蒜山 高原の中和村と八束村の境にあって、丁度下蒜33山の東隣りの山である。先々週の火曜午後にトライしたのだが、そのときは雪が林道に所々に残っており1km手前から徒歩で登山口に向かっていると、山菜とりのご老人が雪の中で車を脱輪さ せて立ち往生している現場(峠)に出くわした。結局、この救助作業でこの日は終了して、いつもの「豆腐」を買って帰るという一日だった。

さて本日だが、23度を越える快晴で雪もすっかり消えていた。峠に車を止めてさっそく登山開始、登りはいささか急でしばしば足がとまった(運動不足?)が、距離は短く約25分程度で少々のやぶこぎの末、三角点に到着した。

この写真は北に開けた倉吉方面(日本海)を望む景色である。田村氏の説によればこの方角に天孫降臨の高千穂(鳥取県東伯郡北栄町岩坪付近)がある、地図でみると字名としてはのこっているが住所としてはない様子だ。現在の北栄町は旧北条町と旧大栄町の合併によるもので、どんどん地名が減っていくのがなんとも悲しい。10分ほど頂上で過ごし、慎重に下山した、30分で登山口に到着した。

時刻はもう5時になっていた、東集落から蒜山三座山麓のドライブウェイに入り心地よい風を楽しみながら走ってゆく。すると、いつもは何気なく通り過ぎていた石切場のような大きな穴が気になり入ってみた。これが蒜山の珪藻土の採掘場であった。

約100万年前頃、火山の活動により蒜山三座が誕生した。それまでの川の流れは西に方向を変え、上蒜山の西側より日本海側へ流れ込むようになった。更に約35万年前、大山の噴火によって西側がせき止められ、「蒜山原湖」が誕生したのだそうだ。昭和科学工業採掘場
南を中国山地、北を蒜山三座に囲まれた 蒜山 原湖には珪藻(けいそう)が繁茂した。珪藻は珪酸質の殻を持つため、湖底に堆積していく。珪藻が生息していたのは5万年間と推定され、珪藻土の最も厚いところは約100mに達すると言われている。
その後も大山の噴火活動は続き、現在の真庭市蒜山地区西部あたりは噴出物で埋まっていき逆に湖の東部は旭川水系の浸食を受け、湖水は南へと流出し始めた。やがて湖は干上がって消滅したが、珪藻は化石となって残った。蒜山高原の誕生の歴史である。