特殊器台の会

11/30土曜 特殊器台シンポジウム 開催予告

  • HOME »
  • 11/30土曜 特殊器台シンポジウム 開催予告

いよいよ、シンポジウムです!
「吉備特殊器台復刻プロジェクト」シンポジウム
「器台復刻から古代吉備がみえてきた!」
日時;2013年11月30日(土)13:30〜17:00
会場;中国学園大学[12号館]大講義室  〒701-0153 岡山県岡山市北区庭瀬83
駐車場有り 100台程度
資料代 ¥500
◎基調講演 演題 「弥生から古墳へー特殊器台の果たしたその役割とは?」
  高橋 護 先生
元ノートルダム清心女子大教授
◎活動報告
 当会制作担当 橋本勘介(備前焼作家)
◎パネルディスカッション「器台復刻から古代吉備がみえてきた!」
コーディネーター
柳瀬昭彦 氏(当会相談役、岡山商大講師)
パネラー
■小林正史 北陸学院大学教授
■福本 明 倉敷市文化財保護課
■平川 忠(備前焼作家)
hyoushi

お気軽にお問い合わせください TEL 086-231-4557

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉備特殊器台の復刻

この復刻は専門家の世界においてもまだ試みられておらず、アマチュアならではの発想ということかと思います。そして岡山のシンボルが桃太郎から特殊器台にとって変わるくらいみなさんの心に浸透するよう2000年の時を越えて迫力ある古代祭祀の主役を再現したいと思います

  • facebook

最近のコメント

    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.