三瓶山麓に埋没林だ!

連休初日は三瓶山麓に埋没林だ! 09 Apr.29

三瓶山
三瓶山高速ETC1000円を利用して三次経由54号線で 三瓶山 に向かった、ひさびさの本格?登山である。家を8時すぎに出発して12時ごろようやく三瓶自然館サヒメルの裏の駐車場に到着した。Lunchは途中のスーパーで巻き寿司を購入したので山頂でいただく予定だ、腹も減ったので早く登ろう。よく整備された登山道をゆくとさすがに連休、多くのパーティとすれ違う。やっとのことで高度800mの看板までたどりついたが、ひさしぶりのせいか息がきれる。頂上まで高度差200mちょっとだからもうひとふんばりしてみる。だんだん足下がおぼつかなくなるが、1時間20分ほどで登頂に成功した。大勢のひとが頂上広場にいた、特に高校生の団体が学校行事できていたが、別ルートを下りはじめておりそこで渋滞が発生していた。

ベンチで昼食をとりながら、上着シャツを着替え乾かすことにした。いつも思うことだが、この田舎のスーパーの総菜がなんとおいしいことだろう。極上の「山上の昼食」というところだ。三瓶山はれっきとした火山でカルデラというか頂上周囲を縦走することができるが、時間の関係で今回はパスだ。この頂上は男三瓶といってもっとも高いピークである、そこからすこし南にゆくと女三瓶がみえる、なかなか険しそうな道だ。今日は見るだけにして、登り道とはちがう北の原コースを降りることにした。しばらく下り難所がつづく、登りであればどうということはないが、下りの場合、股関節の可動域の関係でなかなか苦しい。若い人が後ろから追いついてきたので「お先にどうぞ」としたのだが、なんとその若者は小走りで下っていった。その様子をみながら遠い昔、山の中を駆け回って遊んでいた自分を思いだしていた。ほとんど麓に近づくと大きなシダがたくさん生えていて「ジュラシックパーク」の趣きだ、しばらく麓の道を回りこんでゆくと自然館がみえてきた。登りとおなじく1時間20分ほどで駐車場までたどりついた。

ここから5分ほど車で下った所に小豆原埋没林公園がある、埋没林とは火山噴火などの急激な自然変化によってたったまま樹木などが埋まっているものだ。全国に四十箇所ほどあるようだが、この小豆原は日本最大級ということらしい。いまから3700年前に起きた三瓶山の噴火によっておきた、「土石流、火砕流」によって埋まったものだ。写真でもおわかりのように大変おおきな杉が主で、その年輪がはっきりとみてとれるので、3700年どころか年輪年代法で1年単位で特定できていてもいいぐらいである?ともかく地下に向かって掘り下げられたこの施設の迫力は大変なものである。石見銀山からもすぐの場所なので、近くにこられたときには立ち寄ることを是非お勧めしたい。

埋没林展示施設の地上部

鳥取砂丘 世界砂像フェスティバル

鳥取砂丘 は今年、おおにぎわい!?09 Apr.21

ラジオ で 紹介 されていた 世界砂像festivalに午後からの日帰りで出かけてみた。鳥取砂丘 砂像フェス1那岐 を 過ぎ 県境 を 越える と 智頭町 、あとは 一路 鳥取市内 の 北東部 海岸 に 砂丘 は ある。 連休 の 混雑 渋滞 を 回避 する ため 会場 までの 迂回路 が 示され ている。 せっかく なので その 指示に したがって ゆくが 、ほぼ 10km の 遠回り であった。 夕方 の 5時 すこし 前 に シャトルバス で 会場 に 到着、 雨模様 の 天気 は なんとか もっていた。 一般 開放 されて 間 もない せいか お客 はまばら である。 しかし 、 会場 に はいると 10基 以上 の ピラミッド型 の 巨大 砂像 がすばらしい 迫力 で 僕ら を 迎えて くれた。

鳥取砂丘 砂像フェス2

日本人 を 含む 10カ国 の Sand Arttist が 世界中 を サーキットツアー のように 廻って いるらしい。持ち回り かどうかは しらないが、どの Artist も 優勝 経験 をもつ? 優秀 なメンバー である。テーマ は 童話 寓話 の エピソード ということで、 各国 の お話 が 出自 となっているようだ、 右写真 の 帆船 の 作品 が 今大会 の 優勝 作品 でフォルム としては 最も 完成 された 作品 だと 思う。フードコート や お土産屋 さんもあり、 鳥取カレー と コロッケ をいただいた。HP によると 現在 は 入場者数 20万人 を 越えて いるようで 大盛況 おめでとうと 申しあげたい。

優勝作品「さまよえるオランダ船」

三徳山投入堂

三徳山投入堂 08-May

鳥取県三朝町の 三徳山投入堂 は一度はいってみなければと思っていた、奇観である。寺伝によれば、慶雲3年(706年)に役行者(えんのぎょうじゃ)が三枚のハスの花びらを散らし、「仏教に縁のある所に落ちるように」と祈ったところ、その一枚が三徳山(みとくさん)に落ち開山したと伝えられる修験道場ということだ。三朝町から奥に5kmほど車で登ってゆくと、すでに多くの観光客が行きかって賑わっている。一番奥の駐車場に止めて、さっそく食堂に入りそばで腹ごしらえをして寺に入山した。階段をしばらく登ると本堂に到着、さらに「投入堂」への登山のための入り口がある。靴のチェックと名前を記入していよいよ登山開始だ。

さすがに、今日は祝日のせいか大勢のひとが列をつくっている。われわれのように登山モードの人は少なく、普段着の人がほとんどである。なかには多分、ハイヒールできたに違いない若い女性もいる。じつは入り口で靴が不適切とされると、有料で「わらじ」を履かなければならないのだ。この「わらじ」がどうやらすべりにくいらしい。中途半端な運動靴ではよくすべるようで、慎重さにかける若い人がよく転倒していた。

三徳山投入堂

さすがに修験道場らしくきびしい登りがつづく、手を掛けて登る場所が多いのでお年寄りなどで、あきらめて帰る人もいる。情報として記しておくが、後半の鎖場以外では最初のあたりが一番きびしいので、ここだけのりきれば、あとはいけると思う。が、自信のない人はあきらめなさいという配慮なのかもしれない。

約40分で目的の「投入堂」に到着する。こんな絶壁にこんなものがというだけで「びっくり」であるが、実は以前、中国へ旅行した際「大同」でほとんど同様の懸空寺という寺が観光地としてあり、そのときはそのお堂の中に入れた経験があった。お参りをすませると下山であるが、もちろん下りの方が危険なのでゆっくりとおりる、登りとほぼ同じ時間で登山口に到着し無事「三徳山」登山は終了した。