喜川 法善寺の浪花割烹 

大阪の名店「 喜川 」にいってみた! 2010 Dec.21

20日の夜、岡山駅のぞみに乗り大阪はキタのライブハウスMister Kellyへ向かった、「Atsuko Nishida Jazz Live」である。7時から11時すぎまで都会の夜をひさびさに過ごし、中之島のHOTELに宿をとった。

喜川翌日はゆっくりとチェックアウトして、ミナミゆきの地下鉄に乗り込む。今回の大阪のもうひとつの目的は浪花の名店「 喜川 」訪問である。昼食の予約の時間までしばらくあるので、道具屋筋やら黒門市場などをぶらぶらしミニ観光で過ごす。驚いたことに観光客らしい人の7?8割が中国人であった、確かめてはいないが見ればわかる。

時間も来たので、道頓堀から少し戻って法善寺横町に入りすぐの「大阪割烹 喜川 」の暖簾をくぐる、やや和洋折衷モダンな戸の前に立ったその瞬間、すっとそれが開いて内側から店の女性が現れた。予約の旨を告げると「お待ちしてました、どぉ?ぞ」と案内される、3階建ての1階がカウンターで12席、奥から2番目ほどの席にコートを預けて座った。

30年ほど前、大阪のグルマンな友人が「そりゃあ今はキガワやで!」と熱く語っていたことを思いだす。「喜川」は上野修三氏が大阪の新しい割烹を目指し店を構えてから約40年、今は息子の修氏に店を任せて、執筆活動やら指導に専念しているという。さっそく白磁杯に入ったスープ?が運ばれ、仲居の女性が適度な口調、そうほんとに適切な距離感と温度でもってその料理の説明をしてくれた。写真はその後運ばれた「今日の昼食コース」の総てで、それぞれによく仕事が施され、でしゃばったものが何もないバランスのとれた食事であった。

喜川通人によれば、他の名店との比較で「和洋折衷メニュー」に不満のむきもあるようだが、僕は経験もなくそこはわからない。しかし、この店に通底するのは「いごごちのよさ」を演出する気配りにあると感じる。暫くして主人の修氏らしき人が現れ挨拶にこられた。そののち板場に入り、板さんになにやら指示をする、その雰囲気がいかにも柔らかいのだ。よく「内輪には厳しくしております!」的な空気を醸す主人はいるが、ここは違う。他のお客さんもそれぞれで、家族、夫婦、奥様グループ、そして男性一人のグルマンと色々だったがみんな楽しそうであった。なにしろこんだけ写真を撮る事にほとんど躊躇を覚えない空気感である、「どうぞ、お好きにお過ごしください」ということなのだ。

もし一つだけ希望を述べるなら、道具類(掛け物や陶芸)に見せ場があればと思うが、これも「あまりでしゃばらず」という風情ともいえる。そしてお値段もお昼のコースであることもあるが、これだけのものを頂いたうえではいかにもリーズナブルだと思う。目の前では、夜の仕込みだろうか、60cm超の巨大な甘鯛が丁寧に処理されていた。家内が「あれ、”ぐじ”じゃない?」という、僕はこんなでかくて白っぽい甘鯛などみたことがなかったので「ちがうだろ!」と答える。我慢しきれず尋ねると「ぐじの白で最高級物」という答え、ぐじに「白、赤、黄」とあり白が最高ということも初めて知った。バランスの昼コースに対して夜メニューには「ダイナミズム」が加わるのだと思う、店を出て藤島桓夫でおなじみの「お不動さん」に水を掛けながら又ここに来られるように祈った。

岡山県北のイタリアン La gita

勝間田の駅の敷地内? 県北のイタリアン La gita

La gita
La gita勝田郡勝央町勝間田というのは中々説明がむずかしいが、湯の郷の北西にある町で津山、奈義、湯の郷の真ん中といったところだろうか。勝間田駅の駐車場らしき広場の端っこにある。店内はとてもしゃれていて若い主人やスタッフが元気よく、とても活気を感じる若々しい店だ。料理も充分レベルを保っているし、石釜もありおいしいピッザもいただける。県北のドライブで寄るにとても良いお店を発見したという感じ!

LA GITA(ラジータ)のLunch

B級グルメ 「蒜山やきそば」

「蒜山やきそば」新 B級グルメ の誕生?

B級グルメ「昭和30年代、蒜山高原では、各家庭で工夫して調合した、タレで焼そば、ジンギスカンなどを食べることがブームになっていました。
そんなおり、がんこで有名な「ますや食堂」のおばちゃんが、ニンニク・玉ネギ・リンゴ等の様々な材料や調味料を調合して作った味噌だれに、親鶏のかしわ肉とキャベツを入れて作ったこだわりの焼そばが評判となり、以来、ひるぜん焼そばとして地元の人々に愛され続けてきました。」(出典HP「ひるぜん焼きそば好いとん会」

今回は蒜山の入口というか湯原よりのところにある「やまな食堂」に入ってみた。みてのとおり量もたっぷりでなんとなく懐かしい味である。いまご当地グルメとして売り出し中ということでパンフレットなどに提供されているお店が載っているので好みのとこに行くといいかも。ちなみに「ますや食堂」はいまはなく「高原亭」のご主人がこのムーブのいいだしっぺだと、どこかのTVで紹介されていた、、、かな?

蒜山やきそば

鳥取カレー あじろや

網代港のカレー あじろや

あじろや
イカスミカレー鳥取砂丘から東に10kmほどの網代漁港、「浦富海岸島めぐり遊覧船のりば内」にあるのが「あじろや」である。イカが豊富にとれる網代漁港ならではのイカ料理や、海産物を使った定食などがリーズナブルに味わえる。しかしここの刺身に眼もくれずこの「イカスミカレー」をいただく。鳥取B級グルメの代表格のカレーだが、この店だと海の幸もカレーも頂けるという便利さそして気軽さである。

そして、これがけっこうイケル!

イカスミカレー

勝山 一心庵

勝山 一心庵
一心庵

勝山駅を過ぎて湯原方面に右折するとすぐにこの蕎麦屋はある。となりは木材ふれあい会館で行きすぎてしまいそうだが、次がスーパーマルイなのですぐわかる、そのときは戻ろう。外からみるとなんの変哲もない店なのだが、中に入るとなかなかの店だ。

石臼挽きの手打ち、熟練のそば打ち技術はもちろん、この店のこだわる点が、自らの人脈を駆使し、得た情報から仕入れるというそば選び。ここのそばを食べたいと全国のそば通に言わしめる名店ということらしい。

一心庵花

岡山県真庭市三田131(勝山木材ふれあい会館内) 火曜定休
二八ざる蕎麦 ¥700
十割(生粉打ち) ¥900
辛味大根おろし蕎麦 ¥850
淡雪(山かけ)蕎麦 ¥950
鴨ざる蕎麦 ¥1100
天婦羅ざる蕎麦 ¥1500
かけ蕎麦 ¥700
鴨南蛮蕎麦 ¥1100
京にしん蕎麦 ¥900

値段が変わってたらごめんね!

奥の部屋のひとコマです

安芸の宮島名物「あなごめし」

「あなごめしのうえの」にはいつも行列が
あなごめし

広島から岩国方面に30分ほど行くと宮島口に到着する。名店「うえの」は海を渡る手前のこの街にあるのでとても助かるが、いつも休日に行くせいか1時間待ちが基本である。店の裏に駐車場があるのでそこを利用しよう、最初のころはてっきり駐車場はあってもいっぱいだろうからと近くの有料Pに停めたのだが以外にも空いているのだ。(皆がそう思うからだろう)

皆、狭い入り口付近に肩をよせあい並んでいる、うえの別棟心配せず名前を告げた後は別棟の民芸モダンの部屋(写真下)にいって雑誌でも読みながら待つのがよい。そうこうしていると呼び出しが聞こえる。席につくとたいがい相席であるが、今回も遠方からみえた若いカップルだった。しばらく旅の話に花を咲かしていると、おめあての品が登場する。味が申し分ないのはもちろんだがその器や盛りつけがいっそう上品に感じさせる。三島のうなぎも旨いが広島のあなごもいける。

あなごめしのうえの

津山のイタリアン Cielo

津山のイタリアン Cielo

53号線の津山駅をすぎて吉井川沿いに右折してしばらく進み左に入ると津山の古い町並み(城東町並み保存地区)がある。その一角にある築100年以上の町家を活かした本格イタリア料理の店がCieloだ。
境港より、毎日送られてくる魚や地元のとれたて野菜、肉は朝じめされた地元の桃太郎地鶏などの食材をふんだんに使用した、店主こだわりのお料理がいただける。



住所   津山市西新町8番地
TEL 0868-23-2021 FAX  0868-23-2021
※予約制ではないが、満席になってしまうことがあるので予約をした方がベター
営業時間 ランチ/11:30~14:00  ディナー/17:30~21:00
休日 月曜日
座席数 ランチ/15席
ディナー/12席
駐車場 専用駐車場3台有り
平均予算 ランチは1,000円~1,800円くらい
ディナーは5,000円くらい

map