特殊器台の会

復刻弥生土器&現代陶芸展「原点回帰」 於;瀬戸内市立美術館

  • HOME »
  • 復刻弥生土器&現代陶芸展「原点回帰」 於;瀬戸内市立美術館
入口の展示

入口の展示

復刻弥生土器&現代陶芸展「原点回帰」
備前の淵源より新たな陶を求めて
2015年1月17日(土)~25日(日) 9:00-17:00(最終日16:00)いよいよはじまりました。会場入口には最初に焼いた実物大サイズの宮山型を割れたままの姿で展示しました。

伊勢崎淳 相談役の開会挨拶の模様

伊勢崎淳 相談役の開会挨拶の模様


開会式には100名程度の来賓および参加者をお迎えして賑やかに開会いたしました。

平川忠氏によるギャラリートーク

平川忠氏によるギャラリートーク


当会復刻担当者で立坂型を担当した備前作家 平川忠氏による解説が行われ、実際に再現する体験を通じ成形の技術が現代の備前の技術にまで通じるとの見解を表明されました。
人間国宝「伊勢崎先生」と記念撮影

人間国宝「伊勢崎先生」と記念撮影

お気軽にお問い合わせください TEL 086-231-4557

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉備特殊器台の復刻

この復刻は専門家の世界においてもまだ試みられておらず、アマチュアならではの発想ということかと思います。そして岡山のシンボルが桃太郎から特殊器台にとって変わるくらいみなさんの心に浸透するよう2000年の時を越えて迫力ある古代祭祀の主役を再現したいと思います

  • facebook

最近のコメント

    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.